ロープワーカーって??

スポンサーリンク
ワークスタイル
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Pocket

はじめまして!
外壁調査ロープワーカーのイワゲンです!

ロープワーカーという言葉に馴染みのない人は多いのではないでしょうか?

言ってる僕もまだ馴染んでいません。(笑)

一言でロープワーカーと言っても、様々な業種がありますが共通して言えることは、足場などは無い状態で、自身の安全をロープに委ね空中で仕事をしている人達のことです。

具体的な名称で呼ぶなら「ロープアクセス」「特殊伐採」「クライミング」などですかね。

目的を達成する為の「手段」

どの業種においても言えるのはロープで安全確保をしながら落下を防ぎ、目的を達成するということです。

例えば、ビルの高層階の外側の窓清掃をする為、樹の枝打ちをする為や険しい山の頂上に行くために崖を登る。。そんな手段として利用されてきたのがロープでしたが、今ではロープワークが好き!!からロープワーカーに進む人もたくさんいるようです。(私もロープワークが好き!から入りました笑)

大事なのは落下・転落事故を起こさないこと

日本においてのロープワーカーはまだまだ少なく、欧米に比べると技術や知識も遅れていると言われています。

流派というと少し大袈裟ですが、業種などによってロープの使い方?に違いがあります。
万が一ロープが切れた時の為にロープを2本セットする形や機動力、利便性を最大限に活かすために1本のロープでの形。

形に違いはあれど、大事なのは落下・転落し命を落とさないことです。

その為には緊張感を持ち、常に安全を考え取り組み続けることが重要です。

ちなみに日本のロープワーカーに使われている安全帯などの器材(ハーネスやロープ、カラビナ)のほとんどが海外メーカーです。

最近はコロナウイルスの影響もあり、海外からの入荷が少し滞ってるようですので、なかなか手に入らないものも。。

かな〜りざっくりとした説明ですがロープワーカーについて大まかに書かせていただきました。

また少しずつロープワーカーの技術や知識、仕事の内容も書かせていただきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

  1. […] ロープワーカーって??https://kanrisu.space/gr/ropeworker/足場などは無い状態で、自身の安全をロープに委ね空中で仕事をしている人達のことをロープワーカーと呼びます。 […]

タイトルとURLをコピーしました